「ええ顔」してまっか?

[ STRENGTH ]

ニュービレッジの


強み

[ ニュービレッジ独自の介護哲学 ]

「お世話をする」
これだけが
介護じゃない。

人に寄り添うことすべてが介護。
ご利用者様をお世話するだけではなく、そのご家族様、社員、提携業者の皆様、更にはニュービレッジの想いに共感していただけるすべての人に喜んでもらうところまでが、私たちにとっての「介護」です。

HONMAMON

ニュービレッジのほんまもん!

10年以上評価され続ける
サービスの3つの強み
[ ほんまもんの人間力 ]

磨き続ける
人間力

ニュービレッジは同業他社にはない独自の行動指針を掲げ、人間力の強化に取り組んでいます。ご利用者様の不安を取り除くことを最優先に考える。チーム間での連携を強化し、常に最善のケアプランをご提供する。自責の念を持ち1人の人間としてご利用者様に寄り添う。そうすることで「ええ顔」を生み出せると考えています。

ええ顔職人を見たいやん
[ ほんまもんの地域愛 ]

根付き続ける
地域愛

ニュービレッジは、地域づくりに力を入れています。こどもたちに向けた「子供食堂」や、おとなも楽しめる「イベントスペース運営」。ニュービレッジに所属していなくても利用できるヘルパー専用の「休憩所」。さらにはボランティアでおこなう地域清掃まで。幅広い活動で地域に貢献することで「ええ顔」を生み出しています。

CSR活動を見てみたいやん
[ ほんまもんのアソビゴコロ]

追求し続ける
アソビゴコロ

虐待、低賃金、長時間労働。
ニュースになるときは必ずネガティブに取り上げられる介護業界のイメージを変えるためにニュービレッジでは「アソビゴゴロ」を追求しています。

スタッフが楽しく働ける環境をつくることで、ご利用者様が、関わるすべての人が、楽しくなる。だからこそ、ニュービレッジでは「アソビゴゴロ」がある事業を大切にしています。

業界初!?「物々交換型」新サービス

「介護業界は、閉鎖的。」
こんな言葉がささやかれる業界の現状を変えていきたい。

日本中の施設が、互いの取り組みを発信し共有し合うことが出来れば、
日本の介護業界はもっと楽しく明るい業界になる。
そんなところから、全国の施設を繋ぐ「物々交換型」新サービスは生まれました。

POINT 01
全国の施設をつなぐ。

日本には地域や施設の規模感を問わず、約7万をこえる介護施設が存在します。しかし、現状の介護業界では地域を超えた同業他社とのコミュニケーションはほとんどありません。これは非常にもったいない事です。どんなに素晴らしいノウハウや取り組みを持っていても、きっかけが無ければ互いの情報交換は実現しない。そんな現状を変え全国の施設を繋ぐためにケアリエンタは生まれました。

POINT 02
すべてのきっかけは
物々交換から。

施設のレクリエーションで作られた「もの」と「もの」。 例えば、折り紙で作った折り鶴や、ハロウィン用のパンプキン、 誕生日イベント用のボーリングのピンなどなど。 施設の規模や地域に関わらないように、施設間の繋がりを物々交換で実現します。

POINT 03
サービス使用料は完全無料。

地域や規模に関わらず、少しでも多くの施設様にご利用いただきたい。そんな想いから、ご利用料金を完全無料にさせていただいています。このサービスを通じて、日本の介護業界全体を明るくしていくことを本気で目指しています。

ええ顔を本気で生み出すニュービレッジが、日本中の介護業界を繋ぐ!? ええ顔を本気で生み出すニュービレッジが、日本中の介護業界を繋ぐ!?